仮想通貨

仮想通貨取引所 ABCC の特徴や登録方法を解説!取引所トークンATの特徴も!

スポンサーリンク

こんにちは、きゃんたです。

最近、取引所トークンを保持していれば報酬や配当が貰える「配当型取引所トークン」を発行している取引所や、取引所内の売買で発生する取引手数料を利用したマイニングシステムの「取引所トークンの取引マイニング」などを採用している取引所が流行していますね!

そんな中、取引マイニングや配当をどちらも採用していながら、海外取引所の使用経験が浅い人でも抵抗なく使えるUIを持った取引所・ABCCを紹介していきます。

僕も使ってみましたが、かなり使いやすいです。

ABCC公式ページへ

スポンサーリンク

取引所・ABCCの概要

取引所トークン名 ABCC($AT)
創業者 Calvin Cheng(カルビン・チェン)氏
取引所オープン時期 2018年4月(オープン済み)
公式サイト https://abcc.com
公式ツイッター https://twitter.com/ABCC_Exchange
日本公式Telegram https://t.me/abcc_jp
公式facebook https://www.facebook.com/ABCC-Exchange
公式Youtube https://www.youtube.com/channel/UCI80n2UiSk0nH1UW7vmnMjQ

2018年4月にオープンしたこのABCCという取引所の創業者Calvin Cheng(カルビン・チェン)氏は、元国会議員で、取引所としての信頼はかなりのものです。

また、ABCCは最近の流行でもある「配当型取引所トークン」のABCCトークン/$ATを発行しています。

さらに、ABCCではiOSおよびAndroidでもトレードができるアプリをリリースしているようです。

取引所トークン・$ATの紹介

超簡単に特徴をまとめてみました。

$ATの大きな特徴

・総発行枚数2.1億枚

・取引マイニングを採用

保有しているだけで配当がもらえる

・ハービングシステムを採用

総発行枚数2.1億枚

総発行枚数が2.1億枚ということですが、これは取引所トークンにしてはかなり少ない方ですね。

総発行枚数が少ないということは、その分価格を上げるハードルが低くなるため、ATトークン自体の価格上昇の期待が高まりますね。

・HT:5億枚

・OKB:10億枚

・QASH:10億枚

・FT:100億枚

取引マイニングを採用

取引所内の売買で発生する取引手数料を利用したマイニングシステムのことを、「取引所トークンの取引マイニング」といいます。

また、取引マイニングによって取引所トークンのATはマイニングされるので、徐々に流通枚数が増えていくことがかんがえられるので、取引所マイニングは最近の主流になりつつあります。

以前までは、先着2000人のユーザー限定でプレマイニングが行われていましたが、現在はABCCのすべてのユーザーが取引マイニングでATを得ることがが可能になっています。

またABCCは、このシステムのことをToM(トレード・トゥ・マイン)と呼んでいます。(まあ、取引マイニングのことですね。)

ハービングシステムを採用

ABCCは、ATの需要を高めるためにハーピングシステムを設けています。

ハーピングシステムとは、ビットコインの半減期に似たシステムで、ATの取引マイニングにおいて1ブロックあたりに発行されるトークンの枚数を120日ごとに半減していくという仕組みになっています。

つまり、ABCCへの参入が早ければ早いほどATの取引マイニングの効率は良くなるという、早期参入者へのインセンティブが生まれます。

これにより、ATの需要は増加し、供給量がコントロールできるようになります。

保有しているだけで配当がもらえる

取引マイニングなどでかくとくしたATは、もちろんすぐに売却することもできますが、保有し続けることで配当コミュニティでの活動参加権を得ることができます。

まず配当ですが、ATを長期間保有していると、ABCC取引手数料収益の一部「配当」として獲得することができます

つまり、トレードを行うだけでATを獲得できて、ホールドし続けたら配当がもらえます!これが夢にまで見た不労所得ってやつか!?w

具体的な配当の計算方法は以下になります。

配当額の計算方法

配当総額×(過去7日間の最小AT保有量÷他ユーザーの過去7日間の最小AT保有量の合計)

この計算方法のポイントは、「過去7日間の最小AT保有量」というところです。

これは、ATを一度でも手放すと、過去7日間の最小AT保有量が0になってしまうので、配当が一切もらえなくなってしまう…..ということになってしまいます

その為、配当狙いのATホルダーはATを保有し続ける他ない→売り圧が弱まるので価格の落下を防ぐことができるということですね。

これこそいくでやるでのガチホなのでは!?!?

 

取引所・ABCCの登録方法

それでは、お待ちかねの登録方法を説明していきたいと思います。

※スクリーンショットと同じ環境であるPCでの登録をお勧めします。

まず最初に下のボタンでABCC公式サイトにアクセスします。

ABCC公式ページへ

すると、このような画面になるので真ん中にある「Join now」をクリックすると、次と登録情報入力画面に飛びます。

 

入力欄は、上から順に

・メールアドレス

・パスワード

・パスワードの確認

・僕の招待コード

となります。

招待コードに関しては最初から入力されてあるはずなので何も入力する必要はありません。

入力が終わったら、利用規約同意にチェックを入れ、【Register Now】をクリックで完了です。

すると以下のような画面になります。(今回は僕のメールアドレスが表示されていますが、メールアドレスは登録されたものが表示されます。)

ABCCからこのようなメールを受信していると思いますので、そちらの「activate」をクリックします。

ボタンを押し、このような画面になれば登録完了です。お疲れさまでした!

 

取引をしたい場合は、ページ上部にある「Exchange」をクリックすれば取引画面に映ります。

 

これですべての準備は整いました!ようこそ!ABCCの世界へ!!!

 

まとめ

ABCCは、最近の流行である「取引マイニング」や「配当型取引所トークン」にハービングシステムを加えたATを発行している、まさに「最近の流行に完全に乗っている取引所」といえるでしょう。

また、取引マイニングを採用しているといっても、他のユーザーの取引手数料なども報酬額に大きく関係しているため、「ただたくさん取引すればいい」わけではないような仕組みを採用するというフェアな特徴を持っています。

総発行枚数や取引マイニング、ハービングシステムなどによってAT自体の価格上昇も十分見込めるようなので、今後の動向にも注目したいですね。

ABOUT ME
きゃんた
現在18歳の仮想通貨トレーダー(?) 決済アプリ”CanPayment”や、 Twitterアカウントあんけちゃんを運営。
スポンサーリンク
スポンサーリンク