仮想通貨

仮想通貨投資でよく見る三尊・逆三尊の意味とは?使い方も解説!

スポンサーリンク

どうも、きゃんたです。

今回は、テクニカル分析の中でも有名な「三尊」「逆三尊」について解説していきます。

テクニカル分析とは?

過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、今後の相場を予想するものです。チャートは取引の結果としてできたものなので、過去に似たようなチャートパターンがあれば、将来も同じようなパターンになる可能性が高いと予測します。

スポンサーリンク

三尊・逆三尊の意味とは?

三尊

三尊とは、価格のチャートが三つの山を形成し、その真ん中の山だけ少し高い形のことをさしています。

上昇トレンド時にこの形のチャートが現れた場合、上昇トレンドの終わり・下降トレンドへの転換を示すチャートパターンとして周知されています。

 

逆三尊

また、逆三尊は三尊の逆の形をしており

下降トレンド時にこの形のチャートが現れた場合下降トレンドの終わり・上昇トレンドへの転換を示すチャートパターンとして周知されています。

 

三尊・逆三尊の使い方

 

こんな感じで相場予想に使う場合が多い三尊・逆三尊ですが……

逆三尊のことを「おちんちん」という方も大勢いるようです…..

最後のは風流だったので載せちゃいました。いとをかし。

ABOUT ME
きゃんた
現在18歳の仮想通貨トレーダー(?) 決済アプリ”CanPayment”や、 Twitterアカウントあんけちゃんを運営。
スポンサーリンク
スポンサーリンク